2014年8月19日火曜日

8月18日の生け花実習

8月18日、夏休み最後の生け花実習を行いました。

花材はドウダンツツジとスプレーギクを用いました。
花型は第三応用立真型の盛花と、第三応用傾真型の盛花に挑戦しました。


第三応用立真型・盛花

第三応用傾真型・盛花



とうとうカリキュラム1の花型法を学び終えました。カリキュラム1の単位を取り終えると、普通4級修業証書を申請できるそうです。今回からカリキュラム2に入ります。






顧問は基本傾真型の投入と盛花を、逆勝手で活けました。



以上です。

2014年8月5日火曜日

8月4日

8月4日の生け花実習についてご報告いたします。

この日は、ヒバ、グラジオーラス、ドラセナを用いて、第二応用傾真型の投入と盛花に挑戦いたしました。
第二応用傾真型は真と副が大きく左右に開きます。


 第二応用傾真型・投入

今回、投入では十文字留めというテクニックに挑戦しました。
花器の内径ぴったりに切った枝2本を、口もと近くでクロスさせて固定します。
すると十文字の仕切りができるので、それを利用して主枝を留めていきます。
十文字留めをすると、花器に大変強い圧力がかかります。薄手の花器を利用すると割れてしまう恐れがありますので、注意しましょう。
華道をするには力がないと難しいと強く感じさせられるテクニックでした・・・。


第二応用傾真型・盛花

次回の生け花実習は8月18日です。